• 中加賀屋院 06-6683-0855
  • 粉浜院 06-6676-6188
  • 南港通院 06-6655-0578

アクセス方法

整骨院の上手な通い方

こんな症状でお悩みではありませんか

  • レントゲンでは異常なしと言われた
  • 病院の薬を飲むだけの治療を続けている
  • 一向に症状が改善されない
  • 身体をしっかりと診断してほしい

MRI・レントゲンに写らない異常は当院へお任せください|吉井整骨院

交通事故に遭った際に病院や整形外科を受診すると、レントゲンや超音波、MRIの精密検査が行われます。その際、骨折が見つかったり血管の異常が見つかったりした際は、何らかの処置が行われ、定期通院となります。

けれども、病院や整形外科で行う精密検査でも、神経の損傷や筋肉のダメージ具合を確認することはできません。

「異常なし」あるいは「むち打ち症」と診断され、痛み止めが処方されたり、その場で終了だったりすることが多いです。

 

交通事故後直後に病院を受診して、「異常なし」と言われたのに、「最近なんだかだるい・・・」首の周りが固まっている気がする…」といった場合、それはどのような原因から来るのでしょうか?

病院で異常なしと言われても不調があればご相談ください

画像診断で見つけることができなかった、神経や筋肉のダメージはそのまま残ってしまいます。

その状態を放置してしまうと、後遺症が残ってしまいます。事故後は筋肉は体を守るために、何かしらのダメージを受けています。

病院で異常なしと言われた方やその後不調ができてきたという方は、当院への来院をおススメしています。

整骨院と医療機関の上手な併用方法|吉井整骨院

レントゲンで筋肉の異常は発見できないなら、行く必要なないの?と言われると、そうではありません。

病院や整形外科などの医療機関では、レントゲンやMRIなどの精密検査を行うことができるため、骨折や血管の異常を速やかに見つける事が可能です。症状の診断や投薬、内服薬の処方ができるのも病院です。

一方、整骨院では機器を使った検査でも発見できない、筋肉や骨格の歪みを発見し、その原因に対処ができます。

以下に交通事故直後、症状による通院方法についてまとめました。

1. 交通事故直後

交通事故後の一番はじめにすることは、医療機関(病院・整形外科)を受診することです。痛みがあってもなくても、レントゲンや場合によってはMRIなどの精密検査を受けて、骨や血管の異常がないか、医師の診断を受けましょう。また、時間が経ってから痛みが出た場合も、必ず受診しましょう。

2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ

事故後の検査で、骨折や腱の損傷などの異常が見つかった際は、治療に加えて定期的な通院が必要になってきます。

症状によってはギプスをしたり、サポーターが欠かせなかったりと固定や安静が必要なケガもあります。

固定・安静が必要な期間が終わると、次はケガを負う前の状態に戻すために“リハビリ”が必要となります。理学療法士・作業療法士といった専門家による手技や筋肉のトレーニング・ストレッチを行うことで、可動域を広げます。もちろん、整骨院でのリハビリとの併用も可能ですが、医療機関への通院も欠かさないようにしましょう。

◇むち打ちや腰痛の治療

むち打ちや腰痛は、完治させないと後遺症につながってしまいます。整骨院では、むち打ちや腰痛で悩む方に対して、しっかりと体の状態を把握し、関節や筋肉をケアします。

医療機関で定期的に検査を受けつつ、整骨院で治療をするといった併用の仕方をすることで、後遺症の残らない体作りを目指します。

お問い合わせ・ご予約

中加賀屋院(吉井鍼灸整骨院)

  • 06-6683-0855

住所
〒559-0017
大阪府大阪市住之江区中加賀屋2-3-4

受付時間

粉浜院(粉浜鍼灸整骨院)

  • 06-6676-6188

住所
〒559-0007
大阪府大阪市住之江区粉浜西1-2-2

受付時間

南港通院(南港通鍼灸整骨院)

  • 06-6655-0578

住所
〒545-0021
大阪府大阪市阿倍野区阪南町5-23-14

受付時間